370年余の伝統を誇り、13両のやまが祭囃子を響かせて華麗な祭絵巻を広げます。
戸田藩十万石の城下町「大垣」は、町人文化が開花した元禄時代から美濃路沿いに数多くの呉服店が軒を連ね、賑わいをみせていました。情緒あふれる大垣をきもの姿でまち歩きしてみまんか。